マイカーローンの種類をよく知って利用すれば失敗もしない

メニュー

サブメニュー

マイカーローンで車を買う

自動車を購入はとてもお金がかかります。現金主義だとかローンの利息を払うのが嫌だからと、現金一括で購入する人もいますが、中々そうもいかないという人はおおいです。100万円は平気で超えてきますし、普通車でも200万円以上の初期費用がかかります。

 

 

そこでマイカーローンを使って購入するという人が多いです。マイカーローンは自動車の購入のみに限定されているローンと思っている人もいますが、自動車免許の取得費用や車検代、修理代にも利用できます。

 

自動車ローンにも種類があり、違いを知っているだけで金利を大幅に抑えられる可能性があります。

 

2つの異なるマイカーローン

マイカーローンには信販系のマイカーローンと金融機関のマイカーローンの2種類があります。一般に良く利用されているのは信販系のマイカーローンですが、信販系と言われてもあまりなじみがないかもしれません。

 

自動車を購入する時に、販売店でディーラーローンを勧められる場合がありますが、あれも信販系のマイカーローンです。ディーラーローンは、ディーラーが斡旋する信販会社のマイカーローンです。

 

ただ、一般的に「マイカーローン」とされるのは信販会社や金融機関のローンです。ディーラーで借りるローンはディーラーローンとされている場合が多いですが、ここではJAマイカーローンを含めた金融機関もディーラーも、両者ともマイカーローンとして話を進めます。

 

信販系と金融機関の違い

信販系のマイカーローンの場合、審査に通りやすいという特徴があります。金融機関で申込んだマイカーローンよりも、信販系のマイカーローンの方が審査に通りやすく、対応も早いです。特にディーラーローンの場合、車検証などの必要な書類が揃った状態で手続きができるので、簡単だという点もメリットです。

 

ただし、信販系のマイカーローンにもデメリットはあります。マイカーローンは借入れなので、金利に応じて利息がかかります。信販系のマイカーローン、特にディーラーローンは金利が高めに設定されているので、返済総額が大きくなってしまうというのがデメリットです。

 

また、信販系のマイカーローンの場合、確かに審査は通りやすいのですが、その理由は金利が高いからというだけではありません。信販系のマイカーローンの場合、ローンの支払いが終わるまでは、車の名義は信販会社側になります。購入する車が担保になるので、その分審査も甘くなるのです。

 

しかし、所有権が自分にはないので、車を勝手に改造したり売却したりはできません。せっかく購入した車の名義が自分ではないというのはがっかりだと思います。

 

金融機関のマイカーローン

金融機関のマイカーローンであれば、車の名義人は初めから自分になります。しかも金利が低いので、最終的に支払う金額を大幅に抑えられます。

 

金融機関のマイカーローンの申込み先としては、銀行や信用金庫、JAなどがあります。銀行については問題がないと思いますが、信用金庫はその営業区域内に在住または勤務していれば利用が可能です。また、JAというと農業のイメージが強いですが、一般の人でも利用は可能です。

 

金融機関のマイカーローンのメリットは何といっても金利です。無駄な利息を払いたくないのであれば、金融機関のマイカーローンを検討すべきです。金利が低いというだけで、支払総額に数十万円もの差が出るケースも多いです。金融機関のマイカーローンであれば、車の所有権が初めから自分な上、お得に利用ができます。

 

金融機関のマイカーローンの方が、審査が厳しいのは確かです。しかし、それは一部の高所得者のみが審査に通るような種類のものではありません。普通にサラリーマンとして数年働いていて、他のローン関連の借入れや返済に問題がなければ、審査もそれ程厳しくはありません。

 

試しに金融機関のマイカーローンの審査を受けてみて、駄目だった時には信販系のマイカーローンで申込みするという手段もとれます。一度試してみるのは言い考えだと思います。

 

また、金融機関で借りるマイカーローンは車の購入時だけでなく、借り換えとしての利用もできるようになっています。借り換えであれば今の金利よりも低く借りられるなら有効なマイカーローンの利用の仕方となるので、しっかりとマイカーローンの借り換え比較を行うようにしてください。